「小さな利益を積んで大きな財産を為す」という新しいコンセプトのファンド運用シミュレーションです。ロボットが選出する銘柄を日々事前公表しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  日経新聞夕刊に「ウナギ産卵 観察に挑戦 --しんかい6500、グアム島周辺で--」なんて記事が出ていました。 しんかい6500という海洋研究開発機構の潜水艇を使って、実際のウナギの産卵時における行動を観察しようという試みなんだそうです。

  広い海のなかでそれを見つけよう、しかも水深200メートルあたりで、というわけですから大変ですね。 一昨日にこの欄で書いたシーラカンスの撮影と同様に、何年もかかってしまうかもしれませんね。 でもウナギの産卵の現場が発見されたらいいですね。 

 しんかい6500で思い出したのがコネクター。 しんかい6500の先代はしんかい2000です。 しんかい2000は潜水艇の技術がまだじゅうぶんでなかったときに設計された機械なので、けっこう試行錯誤する部分があったようです。 潜水艇のフレームに大きな木片を針金で縛って浮力の前後左右のバランスをとっていた---このことはいつだったかこの欄でも書いたよね---のはそれだし、ケーブルコネクターの構成を小型分散にするか大型集中のものにするべきかなんて問題もありました。

 しんかい2000の耐圧殻(人が乗る球)の中から艇の外部のさまざまな装置に指示をおくるために電気ケーブルを延長しなりません。 そのケーブルを長く延ばすためのつなぎ目に使うのがコネクターなんですが、当時は小さなサイズのものであれば100パーセントの信頼性がありました。 けれども小さなサイズのコネクターだとたくさんの数を使わなければなりません。 海洋学者の人たちの多くは、コネクターの数は増えても信頼度100パーセントなんだから小さなコネクターを使うべきだという人が多かったように思います。 機械としての信頼性、乗り物としての安全性、そして早期稼働への期待を考えれば当然であったでしょう。

 いっぽうメーカーの三菱重工は未経験ではあるものの大きなコネクターにこだわりました。 メーカーであればこれまた当たり前でしょうね、その選択は。 でも案の定、コネクター部の故障(海水がコネクターから漏水して電気ショートするわけ)が相次ぎました。 ですから「しんかい2000の本格稼働がコネクターのせいでずいぶん遅れている」なんて悪口をよく耳にしました。 けれどもついには三菱重工も大型コネクター製造のノウハウを得て、しんかい6500につなげていくわけなんですけどね。

 数が増えて扱いがめんどうになるけれど信頼性の高い小さなもので全体を構築すべきか、リスクはあるけれど扱いの簡単なもので単純な全体構成とすべきか---というのは、その目的とリスク許容度によって決めることなんだろうと私は思います。 同じ目的でも立場が違えば、選択の結果も異なるという好例ですね。

 ひるがえって資産運用の世界でそのことを考えてみると、間違いなく投資工学というのはメーカー側の理屈で成り立っていると私は思います。 いっぽう運用を委託する側のお客さんはたぶん、海洋学者の立場でものを考えるでしょう。 ここに委託側と受託側の意識の差が発生するわけですが、ここは事前のお話し合いで折り合いをつけるのがふつうです。 そしてたいてい、委託側はリスクという受託側つまり運用側の甘言に惑わされ、問題の本質をはぐらかされるのです。

 なぜなら、投資工学は株価がランダムウォークであることを前提に構築されているけれども、株価の動きが恒常的にランダムウォークである保証がまったくないからです。 それどころか私が1990年代前半に調べたかぎりでは、『どんな銘柄も、日足も週足も月足も、ランダムと判断しても良い時期とトレンドを形成していると判断すべき時期とが交互に不規則に発生している』-----ということは、投資工学的計算にもとづくリスクというのは信頼できるものなのか? 
 
 たとえばこんな例を考えてみましょう。 重力加速度は通常9.8メートル/秒^2なんだけれど、極めてまれではあるが突然11.8になったり7.6になったりする・・・という状況下でH2Aロケットを発射できるかどうか。そんな環境下でロケットを飛ばそうとする会社にあなたは高価な人工衛星の打ち上げをたのみたいか? そんないい加減な環境下でロケットを飛ばそうとする業者は大バカ野郎でしょうが、そうした業者に衛星の打ち上げを依頼するあなたも、たぶん、おバカさん。

 でも運用の業界には、そうしたおバカさんがたくさんいるような・・・「暴走しないようリスクをきちんと毎日計算しているからリスク・コントロールはだいじょうぶ」 なんて脳天気に信じてはいないかな。 その計算上のリスクはきっちり重力加速度が9.8メートル/秒^2であることを前提にしたうえて意味のあるものであって、重力加速度が11.5のときにはなんの意味もないことをあなたは失念してしまってはいませんか?  重力加速度が7.0にたまたまなってしまったときにはロケットもろとも衛星は宇宙のどっかへぶっ飛んでしまって南無阿弥陀仏・・・想定外でしたなんて言い訳するはめにはならないかな? ホレホレ、あんたが加入してる年金基金はだいじょうぶか?
 
 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2012/05/18 13:22】 | 思いつくまま的日記
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  日経新聞夕刊に「ウナギ産卵 観察に挑戦 --しんかい6500、グアム島周辺で--」なんて記事が出ていました。 しんかい6500という海洋研究開発機構の潜水艇を使って、実際のウナギの
2012/05/20(Sun) 06:37:32 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。