「小さな利益を積んで大きな財産を為す」という新しいコンセプトのファンド運用シミュレーションです。ロボットが選出する銘柄を日々事前公表しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シストレ 1月の全売買記録

 2014年1月の予報銘柄数は全部で65銘柄でした。 このうち利益を生んだのは41銘柄でした。 したがって騰落予想の正答率は63.1パーセントでした。 

 予報銘柄は騰落予想の正答確率が75パーセント以上のものとして選出していますので、この63パーセントの正答結果というのはすこしばかり期待はずれの厳しい状況であったといえます。

 日々の結果をみてみると、月の半ばごろまではまずまず安定した予報でしたが、20日過ぎからがボロボロという感じです。 20日過ぎからは市場全体が突然下降トレンドに陥ったのですが、ディーリングロボットもそれに引きづられてしまった感があります。 

 とは言え、TOPIXが前月比で6パーセントもの下げとなったなかで、ディーリングロボットは2パーセント以上の収益を稼いでいます。 ディーリングロボットの運用は成功していると言って良いのではないかと自負しています。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2014/03/11 01:16】 | 日々の売買記録(過去の月別)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。