「小さな利益を積んで大きな財産を為す」という新しいコンセプトのファンド運用シミュレーションです。ロボットが選出する銘柄を日々事前公表しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ディーリングロボット仮想ファンド」の運用シミュレーションをすすめるにあたって、以下の売買ルールを定めます。 

売買できる銘柄について (ユニバース)
 1) 売買対象銘柄は日経500種平均株価の採用銘柄もしくはTOPIX500構成銘柄とする

現物取引・信用取引の区分について
 2) 当シミュレーションにおける売買は2012年12月10日新規建て分から現物取引とする(それ以前は信用取引として扱ってきた)

手数料・配当金について
 3) 2012年12月10月以降現物取引とするのにともない、手数料は岡三オンライン証券の法人口座扱いの現物取引手数料とする(それ以前は大和証券インターネット取引(約定ごと)の手数料の2倍で計算してきた)
 4) 未決済玉の評価純損益の計算にあたっては片道分の手数料のみを控除する。ポジション解消時(=現物の売りもしくは信用建て玉の決済時)に往復手数料を控除する(ただし2012年12月10日以前においては上記支払い金利額の2倍を控除した)
 5) 配当金は考慮しない

株式の新規建て・売却ルールについて
 6) 新規建て発注(買い発注)は、前場寄付に成行とする
 7) 売りは以下の手順で発注する
   ①保有3日目の前場寄付で指値発注、発注単価は買値の1ティック高い値段。もし不出来なら保有継続(②へ)
   ②保有4日目の前場寄付で指値発注、発注単価は買値の1ティック高い値段。もし不出来なら左同の単価で大引指値発注、不出来なら保有継続(③へ)
   ③保有5日目の前場寄付で指値発注、発注単価は買値の1ティック高い値段。もし不出来なら左同の単価で大引指値発注、不出来なら保有継続(④へ)
   ④保有6日目の前場寄付で指値発注、発注単価は買値の1ティック高い値段。もし不出来なら大引で成行売り(残玉をゼロにする)
 8) 日々の株式購入量について、各銘柄につき過去23営業日における最低日出来高の2パーセント分(四捨五入)の株数を最大とする
                                                           -------------2012,12/10
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/06/01 02:10】 | 売買ルール
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。