「小さな利益を積んで大きな財産を為す」という新しいコンセプトのファンド運用シミュレーションです。ロボットが選出する銘柄を日々事前公表しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 CNNのニュースをみていたら面白いのがありました。  「海底に眠るUFO? バルト海で謎の巨大物体を発見」というニュースです。 スウェーデンの海底探査会社が水深80メートルの海底で直径60メートルの円盤形の本体に400メートルの尾のようなものがついた物体の画像をとらえたそうです。 さらにそこから200メートル離れた場所でももう一つ見つかり、発見者の人はUFOを見つけたと思ったそうです。

 こういうニュースにはワクワクしますね。 小学校高学年から中学生の5年間は私、天文少年でしたから、けっこう、「これは絶対にUFOだ!」なんて妙な物体を星空で何度も見ているんです。 そのころ住んでいた愛知県の実家は新興の住宅地でしたが、ちょっと歩けば真っ暗な広い原っぱがありました。 毎晩のように天体望遠鏡をかついで星雲・星団観察に出かけました。 UFO記録
 
 そうするとたまに見つかるんですね、ゆるりゆるりと移動する星が。 人工衛星なんかではありません。 人工衛星はS字型の軌跡はもちろん円形の軌跡をえがくことはありませんからね。  天体観測少年にとって必携の「全天恒星図」には、そうしたUFOらしき光る物体の軌跡を描いた私の手書きメモが残っています。

 でもUFOが地球外からやってきているとすれば、何万光年という時間距離を飛んでくるんですよね。 もしかしたら光速度を越えるニュートリの実験結果は正しくて、それを応用した技術で宇宙空間を飛んでくるんだろうか・・・なんて。 心踊りますね。

 ところでCNNのニュース画像にある潜水艇はデカいわ。 水深100メートルくらいまで用なんでしょうね、これだけ大きなのだと。 艇のなかはふかふかの絨毯が敷き詰められていそうな雰囲気です。 私が知っている「しんかい」とは雲泥の差ですよ、これは。 「しんかい」は深海探査が目的なのでしかたないんですけどね。

  「しんかい」の初代は「しんかい2000」です。 写真を見てみましょう。 とてもかっこいいですね。 でもね、上半分はただのカバーなんですよ。 そのカバーを持ち上げてみると、たいてい皆がっかりするんです、あまりのローテクに。 カバーを持ち上げるとフレームの中に丸い球が取り付けられているだけ。 しかもあちこちに木片が針金で縛り付けられているんですね。 「なんで木片が縛ってあるの?」って聞いたら「海に浮かべたとき、これでバランスをとるんだよ」って。
 
 丸い球は人間が乗るところで、とても狭いんです。 メタボなあなたはたぶん、乗り口のところでお腹がつかえます。 便所はありませんので、乗る前には水分摂取を控えます。 乗員はつらいですね。 おなら一発、乗員みな酸欠!・・・それはウソです。 

 このお話は「しんかい2000」当時のことであって、今の「しんかい6500」はたぶん、違うと思います。 写真をみると、とてもかっこよくて、なんだか”俺はマシンだ”という風格をただよわせています。

 宇宙開発では人間が宇宙船に乗る前に昆虫や犬、猿が先に乗りましたが、深海開発では猫が先に乗ったかもしれません。 「しんかい」を開発しているJAMSTECでは、その当時、深海の医学実験用の動物として猫をつかっていましたから。 なぜ猫だったんだろうな? 当時は興味なくて、俺は知ろうともしなかった・・・。 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2012/01/31 00:54】 | 思いつくまま的日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。