「小さな利益を積んで大きな財産を為す」という新しいコンセプトのファンド運用シミュレーションです。ロボットが選出する銘柄を日々事前公表しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええ~、ホンマでっか?!と今日も叫ぶ私がいました。 大学の物理の教科書には書かれている「不確定性原理」が成立しない例のあることを実証したというニュース。 「不確定性原理」というのはたとえて言えば、電子のような小さな粒の動きを観察しようと光のようなものを当てるとその光のエネルギー自体が電子の動きに影響をあたえてしまうので、電子の位置と動きを同時に正確に測ることができない---というようなことであったと思います。 これがもとになっている量子力学でおこなわれる確率論的な解釈にアインシュタインは納得できず、「神様はサイコロをふらない・・・」という有名な言葉を残しました(と記憶している)。

 アインシュタインは量子論のような確率論な考え方に反対しましたが、それに換わる理論をなしえないまま亡くなりました。 そのアインシュタインができなかったことを、今回、名大の小澤先生とウィーン工科大の長谷川先生が実証したというわけ---だと思う---。 感動だなあ・・・。 昨年の超光速ニュートリノの実験といい、今回の件といい、名古屋大学はミクロの物理学分野で大活躍ですね。 今回の実験がまちがいないとなれば教科書が書き換えられることは必至ですから、これもノーベル賞級の仕事なんだろうな。

 ところでS&Pの欧州国債の格付け引き下げの影響が懸念されています。 欧州の銀行の資本不足が心配されていると今朝の日経新聞は伝えていますが、その結果として貸し渋りの動きも起きそうだと。 以前に私が勤めていた建設コンサルタント会社の経験:三つの菱形銀行から貸し剥がしの憂き目にあったという経験をこのブログのなかで書きましたが、たぶん欧州銀行もそんなことはとっくに始めていることでしょう。 ということは今のところ鳴りをひそめている東欧の国ぐにや南米も貸し剥がしの波がじわじわと押し寄せつつあるのではなかろうか。 思いもかけないところから火の手が上がるなんてことがなければいいのですけどね。 

 経済統計を見ないまま勝手な想像をふくらませてみましたが、一度じっくり見なきゃね。 こりゃユーロもドルと同じくらいの対円レートになっちゃうかも・・・ああ、また思いつきで書いちまったぜ。 
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ

 
スポンサーサイト

【2012/01/16 23:25】 | 思いつくまま的日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。