「小さな利益を積んで大きな財産を為す」という新しいコンセプトのファンド運用シミュレーションです。ロボットが選出する銘柄を日々事前公表しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日銀が新たな金融緩和策を発表しました。 ”10兆円をあらたに金融資産の購入用に”というような文を同僚のパソコン画面でちらっと目にして、そそっかしい私は 「ほお!」っと口に出してしまって、別の同僚に「東金市の発砲事件の暴力団員でもつかまったの?」なんて質問されちゃって、なんて言おうかリアクションに困った私でした。

 そんなトボけた質問は無視して・・・こりゃまた日銀は、欧州債務問題が大揺れに揺れて相場大暴落になるかもしれないことへの準備を始めたのか、あるいはETFでも買い込んでPKO(stock Price Keeping Operation)でもやってくださるんかなとクイック端末で株価(日経平均)をみたら、こんどは「え??」なんて声が出てしまったのだけど、これはお隣にいた同僚にも無視されてしまった私でした。 

 金融緩和ならお金は市場にあふれて株は絶対に買いだよな!!って頭があったもんですから、日経平均株価はぶっ飛んでるにちがいない!とひらめいたわけです。 ところが前日比たったの52円高で終わったというクイック端末の表示に、私にはマイナス方向の大きな驚きだったわけ。 しかも東証の売買代金は昨日よりもすくないレベルですから、ほとんど日銀の金融緩和策はほとんど株式市場では無視されてしまったのかと・・・。

 記事をおちついて読んでみると10兆円の基金増額はおもに長期国債の購入にあてられるとのことで、なるほど、株式のPKOをしてくれるというわけではないんですね。 がっかり。 「なあんだ、国債を直接引き受けるということなんですか」とは思いませんでしたが、「日本国債が欧州債券に引きづられて大暴落しそうになったときの日本国債PKO用の実弾」かと勘ぐったのはたしかです・・・が、口には出しませんでした。 

 ともかく日銀は長期国債の購入で長期金利を物価上昇率を1パーセントを目指すというかんがえを明示したそうで、それは実質的な「インフレターゲット」と誰しも理解したわけですから、今後の日銀の発表がたのしみになってきたな。


 けさの日経新聞に気象庁が水深700メートルまで水温の分析をしたとの記事。 たぶん99パーセントの人には興味のない話なんでしょうが、私は院生のときからずーっと気になっていたことなので今日の日記はこれをテーマに!と決めていたんですよね。 海が膨張するってことをほとんどだれも知らなかったでしょ? ・・・あしたコメントすることにします。 おやすみ
スポンサーサイト

【2012/02/14 23:05】 | 思いつくまま的日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。